1年以上、新規の入居者が決まらない。
久留米市国分町の「サンコーポコクブ」と「サンコーポシライシ」は、オーナーの頭を悩ませる80年代生まれのマンションでした。どちらも幹線道路のすぐそばに立地し、西鉄久留米駅からは自転車で10分ほど、最寄りのバス停までは徒歩5分足らずの恵まれた環境。
しかしながら建物の老朽化から、なかなか入居者が決まりませんでした。


計14戸の空き部屋を埋めるため、「セルフリノベーションコクブ」と題して始まったのは、自分で部屋をつくれる楽しさと、まちにひらいたにぎやかさのある物件づくり。 入居者以外の人も集まり、今や国分町の魅力のひとつともなっている「セルフリノベーションコクブ」の2つのしかけを紹介します。

1階店舗

サンコーポコクブの外観。
1階に併設されている、 オーナー白石さんの自転車店「サイクランドシライシ」が目印です


サンコーポシライシの外観はこちら。
大通りを少し入った場所にありますが、かわいらしい赤色の外壁が目をひきます



DIY大歓迎!型破りなセルフリノベーションのしくみ



セルフリノベーションコクブに施した1つめのしかけは、「あなたが好きに部屋をつくっていいですよ!」という、DIY好きにはたまらない自由さです。
コンセプトは”ひたすら自由な賃貸住宅”。間取りはもちろん壁も天井も、床も自由に形を変えてOK。たとえば壁に棚を打ち付けたり、床にタイルを敷き詰めたりと、住む人の手で好みの部屋を完成させることができます。

物件情報サイトではDIYのリノベーションが可能な物件特集が行われるなど、ライフスタイルの多様化と同時に賃貸住宅のあり方にも自由さが求められている今。 入居者によるDIYのリノベーション可能な物件は数こそ増えているものの、ここまで自由な物件はなかなかありません。
セルフリノベーションコクブでは、リノベーション後の現状回復ももちろん不要です。


アナバプロジェクトでは、空室14戸のうち壁紙のはがれがひどかったり、床が腐っていたりした7部屋にリノベーションを行いました。3LDKを1LDKへ、もしくは3DKをワンルームへと大胆に変更し、それぞれの部屋を大きく生まれ変わらせました。

コクブ103_リビング1

サンコーポコクブ103号室。床を取り除いた広い土間空間が印象的です。
外の景色を見ながらくつろげる、心地よいカフェのような生活ができそう


shi203_room6

ワンルームとなったサンコーポシライシの203号室。
広い空間にカーテンでゆるやかに仕切りをつくり、オフィス兼住居としても使うことができます


shiraishi101_room5

こちらはサンコーポシライシの101号室。
玄関からベランダまで土間で繋がるワンルームは、アトリエやフラワーショップにもなりそう

image3
入居者さんの部屋。壁に棚を設置したり自転車を収納できる器具を取り付けたりと、 DIYを楽しんでいらっしゃいます

「カフェや雑貨屋のように、部屋をオープンスペースにして使う人が住んでくれると、建物そのものも楽しくなる。」 そんなオーナーの思いも通じてか、現在はカフェの店長やヨガのインストラクターの方など、様々な生業を持たれている方が入居中。ここを拠点にヨガ教室が行われたり、オフィス兼住居として使われる方もいたりと、マンションそのものの魅力も高まっています。


人とつながるしくみをつくればマンションに愛着がわいてくる



2つめのしかけは、入居者、そして地域の人にもマンションに愛着を持ってもらうためのしかけです。
実際に壁を塗装してみるDIYワークショップや、階段に施したウォールアートのワークショップ。そして月に一度オーナー主体で開催されるイベントは、入居者だけではなく地域の方も参加されるオープンな場です。

部屋のことを知ってもらおうと開催したDIYワークショップ。地域の子どもちゃんも楽しんでくれたよう


17  3F 踊場

サンコーポシライシの階段にあるウォールアートは、同じ久留米市にある障害者福祉施設「studio nucca」さんの
協力のもと実現。ペンキと筆で壁に絵を描くワークショップには、入居者や地域住民の方が参加しました


14591744_813260152146349_6247074957113896331_n

懇親会として開催したBBQの様子。天気もよく、会場となったサンコーポコクブ1階の共用庭は
心地よい眺めです。他にもお餅つきやBBQ、タケノコ掘りなどイベントの種類はさまざま


17362929_918498888289141_683380342483283460_n

計12店舗に出店いただいたマルシェ。入居者による出店もあり、入居者同士の交流の場ともなりました。
イベントはアナバプロジェクトが1年間サポートを行い、オーナーと入居者、
そして入居者同士のコミュニケーションがとりやすくなるきっかけやしくみを作っています



部屋に住むまでのお手伝いはできても、そこからお隣さんや同じマンションの方とコミュニケーションをとることに関しては、入居者任せとなることが一般的。
「マンション入居者のつながりが希薄になることは避けたい」「ここに愛着を持ってほしい」と、セルフリノベーションコクブではオーナーが”コミュニティ管理人”となって、入居後のつながりをつくるお手伝いを行っています。

マンションという「住まいの場」にも「人とつながる場」という新しい価値を与えることで、入居者に限らず地域の人も、この場所に愛着を持っていくのかもしれません。
そんなアナバマンションが増えたら、まちはもっと楽しくなるのだろうなあ。


====
オーナー白石さんのインタビューが、WEBマガジン「アナバナ」に掲載されています。
こちらも合わせて読まれてみてくださいね。
https://anaba-na.com/11178.html

[物件情報]
「セルフリノベーションコクブ」
住所 サンコーポ コクブ :久留米市国分町1952-2
サンコーポ シライシ:久留米市国分町1622-1
ホームページ:http://www.anaba-project.com/sr-kokubu/
Facebook:https://www.facebook.com/self.renovation.kokubu/
Facebookページにて、随時イベント情報をお知らせしています。


(編集部 天野)

土間のあるリビングが特徴的な103号室。自転車も持ち込める広々とした空間です。

突然ですが、みなさんは理想の住まいってありますか?壁一面好きな色に塗り変えたり、天井に器具を付けてハンモックを設置したり、壁を壊したり、仕切りを付けて間取りを好きに変えたり。理想の住まいをイメージしても、なかなか賃貸住宅では難しいもの。今回は、あなたの「部屋を◯◯したい!」を実現できる物件“セルフリノベーションコクブ”をご紹介。久留米市国分エリアにあるサンコーポコクブとサンコーポシライシの2つのマンションでは、壁も天井も、床も自由にお好みの空間にリノベーションできます。物件を手がける木村さんにここでの暮らしの楽しみ方について伺いました。

“セルフリノベーションコクブ”のコンセプトを教えてください。

木村さん

「セルフリノベーションコクブ」は、その名の通り、セルフリノベーションをコンセプトにしたプロジェクトです。間取りや床、壁紙などのリノベーションが可能で、さらに原状回復も不要です。それぞれスタイルに合った部屋をサンコーポコクブとサンコーポシライシ、2つの物件からお選びいただけます。とにかく「自由さ」を大事にしていて、入居者さんの”好き”がとことん追求できる物件となっています。

全部屋セルフリノベーションが可能です。
サンコーポコクブの外観。1Fはオーナー白石さんが経営する自転車店「サイクランドシライシ」が入っています。
赤い色が特徴的なサンコーポシライシの外観。

どんな方にオススメしたい物件ですか?

木村さん

サンコーポコクブは広々としたリビング(約20.2帖)があって、ご夫婦や小さなお子さんがいらっしゃるご家族やオフィスも兼ねたい方にオススメしたい物件です。1Fの部屋は、バルコニーから直接降りることのできる専有庭があり、リビングも土間になっている部屋もあります。6Fの部屋は何と言っても周りに高い建物がないので、朝日や夜景を楽しむことができます。そのほか、バーベキューができる共用ガーデンも備えているので、友人を招待して外でパーティーなども楽しんでいただけます。

603号室。こちらのお部屋は眺めが◎です。
1階のお部屋にはすべて専用庭が付いています。
リノベーションをしていないお部屋もあります。

サンコーポシライシはアトリエや事務所などの作業スペースをお探しの単身者やご夫婦にもオススメの物件です。マンションの階段室の壁には、久留米市にある福祉施設『studio nucca』さんの協力の元、ウォールアートを描いていただきました。暮らしを彩る工夫というのを意識したアイディアです。

どちらの物件も、住まいのベースのみをご用意させていただき、入居後は本当に自由にアイディアを出していただいて、オリジナルの空間をつくっていただきたいですね。例えば、庭でガーデンリビングや家庭菜園、リビングでは天井にハンモックを付けてみたり、壁一面に本棚を敷き詰めてみたり、仕切りやカーテンレールを付けて間取りを変えてみたりと、イメージしただけでとてもワクワクしますよね。まさに理想の住まいを形にできる物件となっています。

ウォールアートは子どもたちと一緒に書きました。
登るのが楽しみな階段になりました。
シライシの部屋は2015年12月初旬に完成予定。

今後の予定を教えて下さい。

木村さん

サンコーポコクブでは、内覧会を兼ねてガーデンスペースを利用してバーベキューを開催しました。12月の初旬には、サンコーポシライシも完成し、内覧可能になります。2016年2月にはサンコーポシライシのお部屋と階段室ウォールアートのお披露目会を予定しております。もちろん、内覧会前でも電話受付により、随時内覧はできますのでお気軽にお問い合わせください!

 
バーベキューセットはなんと完備済み!いつでもバーベキューが楽しめます。
サンコーポコクブの敷地の一角にバーベキュースペースも完備。大人数の時はこちらで!

じぶんでつくる、じぶんの暮らし。理想の空間を作り上げるには労力も時間もかかるかもしれませんが、そこにストーリーが生まれ、きっとあなたにとって特別な場所になるはず。セルフリノベーションコクブで、あなただけの暮らしをつくり上げてみてはいかがでしょうか?

(取材/小村順平)

e3a3208b401443038f74af5d8e90c7c3
「シェアハウス たまりば」のバルコニーでくつろぐアナバプロジェクト木村さん(左)と管理人森(右)さん。福岡市の中心部から車で約20分ながら、自然がすぐ身近に感じられるシェアハウス。

みなさんは、自然に囲まれた生活を送りたいと感じたことはありませんか?

今回ご紹介する物件は、福岡市城南区梅林にある「シェアハウス たまりば」です。ここは地下鉄七隈線で天神まで22分と好アクセスながら、都会の喧騒から離れ四季を感じられる豊かな自然に囲まれています。また、ピザ窯を備えたユニークなフリースペースや自家菜園で育つ採れたての野菜が味わえるなど、ひと味違ったライフスタイルを送ることができるシェアハウスとなっています。その仕掛人であるアナバプロジェクトの木村さん、現地管理人の森さんにお話を伺いました。

この物件の特徴について教えて下さい。

木村さん

なんといっても生活環境の充実度の高さが特徴です。福岡市営地下鉄「梅林駅」から徒歩約4分という好立地ですし、設備は3口コンロを備えた一般家庭サイズのキッチン、太陽熱利用システムを利用したシャワールーム、ウォシュレット暖房便座付きのトイレ2室などが整っています。住居を選ぶ側からすると当たり前の設備のように思われるかもしれませんが、実はシェアハウスでは見落とされがちなポイントなんです。ここ「たまりば」は、そういった基本的な設備が充実していて、快適な生活を送ることができるシェアハウスとなっています。また、隣接するフリースペースの「石窯工房たまりば」には本格ピザ窯があるんです。こんなシェアハウスはなかなか見られないですよ(笑)。フリースペースは貸し出しもしているので、住人が企画する料理教室やヨガ教室、ワークショップ等も気軽に開催ができるんですよ。軒先の目の前に湖畔公園が広がっていたり、庭で自家菜園ができたりと、自然がたっぷり感じられるのも大きな魅力の一つですね。

DSC_0864
リビングはこんな感じ。個室もあり、快適です。
0fd422b7ab1f2673cdc0b2a50800354dピザ窯が併設され、入居者は気軽に利用できます。
4753f2b7710e46b49152536277d399cb
ピザ作りの様子。料理教室も行えます。

実際に住まれている方は、どういった暮らしを送っていますか?

森さん

「自然体な暮らし」といったイメージですね。中心部だとなかなか落ち着いた暮らしができないと思いますし、かといって郊外で暮らすのも何かと不便な面も多いこともありますよね。ここはそのいいとこ取りといった感じで、中心部までのアクセスもよく、かつ自然に囲まれた暮らしができます。家の目の前には西南杜の湖畔公園の水辺が広がっていて、竹や木に囲まれたテラスではコーヒー片手に気ままなひとときを過ごせます。帰宅したときに「おかえり」と出迎えてくれる人が居たり、みんなでバーベキューや映画鑑賞会などをすることもあります。一人の時間もみんなで過ごす時間も、自然体でバランスのとれた生活を送れていると思います。


木村さん

一人住まいやワンルームではなかなか味わえない暮らしですよね。僕は運営ミーティングなどで定期的にこちらに来ているのですが、みんな家族のように迎え入れてくれて、仕事で来ているのを忘れてしまうくらいです(笑)。「たまりば」にはそういう安心感を与えてくれる環境があると思います。

thumb_IMG_3584_1024
なんと家庭菜園のできる畑つきです!
2d5e0caf6d0d723998ad55af402d3f05
菜園でお野菜や果物を育てることができます。
07d96aa7e4a76f0a5c334c5d58b73922
大家さんが用意してくれるピザ窯用の薪。

今後の展開について教えて下さい。

森さん

フリースペースを使って、ゆるやかに人が集まり、イベントやワークショップも開催していけたら思っています。ここの住人だけでなく、それぞれの友達やワークショップの参加者などが、たまりばをキッカケに交流できる場になれば嬉しいですね。ここは自分たちの暮らしをつくれる場所でもあるので、これからもワクワクするような“たまりば”を一緒に作っていけたらいいですね。

483a480569c0bc22015dd6d8218f7752
ヨガ教室の様子。工房では様々な教室が開催可能。
0174b6488a7d05cd457cf902351a6966
工房は住人の方以外もご利用可能です。
cff1df4fb5d96d8d0b65acf83a38ecde
お2人が、快適なシェア生活をサポートいたします。

充実した住環境と人の気配と感じながら、自然の心地よさをたっぷりと感じられる“シェアハウス たまりば”で、新たな生活をスタートさせてみてはいかがでしょうか?

(取材/小村順平